BROOCH髙橋佐和常務の食、子育て&新潟

サワブログ!このブログは新潟のブライダル(結婚・婚約)&ファッションジュエリーセレクトショップ・BROOCHで感じる日々の記録です。育児や新潟の出来事も投稿中。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おもてなし☆真珠のネックレス

2013.05.15 (Wed)
一応講座。

真珠のネックレス

みなさまはお持ちですか?

いつかは用意しないと。
必要なのかな?
みんな持ってるな。
年配者のもの。
高価。
必ずいるもの。
マナー。

さまざまご意見はあるでしょう。



ちなみに、なぜ
冠婚葬祭に使用するかと言うと・・・

先ず結婚式などに使用するのは、

海から生まれた真珠が「無垢」や「純潔」「清らかさ」
を表すものだからです。

ですので、古来より結婚式には
真珠を身につけるようになったそうで、
古代ギリシャなどでは新郎新婦以外に列席者も、
真珠の装飾具をつける慣わしがあったそうです。


また、一方真珠は「涙の結晶」ともいわれて、
「ビーナスの涙から生まれた」とか、
「天使の涙の結晶」
とか「イブの罪深さゆえの悔恨の涙から生まれた」
とかと言われ、
その為真珠は、葬祭などの式典の時に、
「哀悼」の意を表するために着けるようになったようです。


まぁ、調べればいろいろ出てくるわけですが、


着ける意味が必要なくらい
文化に浸透していることは確かです。

以前一番納得した回答は、
出向く先の人、
結婚式なら新郎新婦とその家族
お葬式なら故人とその家族
に合わせることが重要。

人を評価するのは人です。
ルールがあってもなくても
そこにいる人がどう感じるかが
まず重要です。

真珠を身に着けていることを
装いとしておもてなしを感じるか否か。
真珠を持たずに
やり過ごすこともできるでしょうが
非日常な自分で特別な場に出向くことは
その場、その人を
特別視している証です。
どうふるまうか、
選択肢の一つとしても
用意しておいてまったく不便のないものであることは
明確にいえると思います。


私は、
単純に便利なものだと思います。



PR・新潟市でプロポーズリングをお探しなら
ダイヤモンドの品揃えが県内最大のBROOCHへ
http://www.brooch.co.jp


PR・新潟県の結婚式情報の決定版ブライダルサポート
「ブラサポ」結納から結婚式、ドレスや装花、引き出物まで
http://brasapo.com




スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。