BROOCH髙橋佐和常務の食、子育て&新潟

サワブログ!このブログは新潟のブライダル(結婚・婚約)&ファッションジュエリーセレクトショップ・BROOCHで感じる日々の記録です。育児や新潟の出来事も投稿中。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センティナリー~世界最高品質の輝き~

2013.06.20 (Thu)
そもそも今回の
有名なダイヤモンド特集は
ハリーレガシーの発見からでした。
最大級の最高品質のダイヤモンドが発見された!
では、最大のダイヤモンドは??

で、出てきたのが

ゴールデンジュビリー!!!
醜いあひるの子と呼ばれ、日の目を見ることのなかったこの石は
これから紹介する
センティナリーを研磨するために
使われた石。
ただ、実際に研磨されたその輝きは
世界最大で美しく、人々の意識をとらえる
逸品だったわけなんですが。

では、センティナリーとは・・・



センティナリー・ダイヤモンドは
カリナン鉱山で1986年の7月17日にX線装置を用いて発見されました。

原石の状態で、599 カラット (119.8g) あり、
1988年のデビアス社創業100周年記念の式典で公開された。
その際に会長だったジュリアン・オグリビー・トンプソンは
「私たちはプレミア鉱山で 599 カラットもの
大きさで完全なカラー(カラーレス)のダイヤモンド
を発見しました。もちろん、史上発見された中で
最も大きなトップカラーのダイヤモンドです。
自然とそれはセンティナリー・ダイヤモンドと呼ばれるようになりました。」
と述べたとか。
センティナリーとは100周年という意味なんです。

このように巨大で価値のあるダイヤモンドを
カッティングするには当然、専門知識と相当の投資が必要です。

そこで、世界最高位のダイヤモンドカッターである
ガビ・トルコフスキーがジェフ・ウォレットとジム・ナッシュ
と共にセンティナリー・ダイヤモンドの
カッティングチームの責任者に選ばれたのです。
ガビ・トルコフスキーはダイヤモンドの新しいカットを5つ発明しました。

デビアスはセンティナリーダイヤモンドの作業を容易にするために、
南アフリカのヨハネスブルグにあるデビアスダイヤモンドの
研究所の地下に、機械振動と温度変動を押さえ、
センティナリー・ダイヤモンドのカッティングに
与える外部の影響を最小にする強度と安定性を兼ね備えた
センティナリー・ダイヤモンドをデザインするための
特別な部屋が設けられた。

トルコフスキーの初期の仕事は
ダイヤモンドを暖めたり振動させたりしないように
レーザーやのこぎりではなく手で行われた。
154日を費やして原石から50カラット(10g) を取り除き、
500 カラット (100g) が残った。トルコフスキーは
13の異なるデザインをデビアスの理事会に通し、
最終的にハート型のデザインを選択した。彼はこのデザインを
こう表現している。「実際センティナリー・ダイヤモンドは
ハート型をしている。しかしこれは型にはめたわけではない。
私が思い描いた形状はマハラジャやスルタンがするターバンに飾るような形だ」

どんな形なんだろう・・・


センティナリー・ダイヤモンドは1991年2月に完成し、
273.85カラット (54.770g)、39.9 × 50.50 × 24.55 mm
のサイズになった。247面を持ち、クラウンに164面、
ガードル部に83面をもつ。この石は一度も
公式に値がつけられたことは無く、
2007年現在、この石はブルネイ王室に寄贈され保管されている。

273カラットもあって
フーロレスなんて、
やっぱり地球ってすごいものが埋まっているのね。。



PR・新潟市でプロポーズリングをお探しなら
ダイヤモンドの品揃えが県内最大のBROOCHへ
http://www.brooch.co.jp


PR・新潟県の結婚式情報の決定版ブライダルサポート
「ブラサポ」結納から結婚式、ドレスや装花、引き出物まで
http://brasapo.com





スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。